どんなものも描き出すチェキ

身は今どきチェキで写真にハマっている。

やっとチェキを知ったのは、高校生卒業後でした。

卒業した高校生のアカデミー祭でフォト部の方に撮ってもらったのが初めてでした。

チェキで撮ったら直ぐその道具からフォトが出てきて、画像が浮かび上がって現れることに衝撃を受けました。

それから約十時・・・。

たまたまそのことを思い起こし、ネットでチェキを調べたら、まったく愛らしいキティちゃんのチェキがあり、はからずも購入してしまいました。

思い出深い本心と、近々何を映して出向くかワクワクする本心が炸裂しました。

どこへいくにもチェキを持ち歩き、色んな製品やヤツ、独力を撮っている。

チェキの魅力は、映し出される鮮明ではないコントラスト、レトロインスピレーションだと身は感じます。

たった今映し出した画像も、直ちに記憶に変わるような、胸をジーンというさせるような感じが誠に好きです。

も、夢中で撮ってしまうと、たちまちフォトがなくなってしまう。

フォトも相当おっきいのがイタイですが、一瞬で記憶が構図になってさわることを考えると、どうしてもフォトも惜しみなく使ってしまう。

今はスマホでフォトもとってもきれいに写せる時世ですが、その中でちょこっと古ぼけた感じに写すのも、またいいのではないかなと思います。エイジングリペア 楽天

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5936 11:42 AM